星に願いをかけるお寺 開運 厄除け

高野山真言宗 但馬妙見 日光院

霊験あらたかな妙見大菩薩の一大霊場 但馬七福弁才天 招福弁天 山名宗全祈願所「杉と星のお寺」

2013年4月16日更新
名草神社奉賛会について
2009年8月7日更新
マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
2009年1月1日更新
追悼 桑原兼子さま
2008年10月5日更新
伊藤公朗、美郷氏によるインド音楽コンサート
2008年7月1日更新
ルーツの旅・遠路はるばる・・・
2008年7月1日更新
島根県立古代出雲歴史博物館
2008年4月1日更新
魂のつながり
2008年3月23日更新
仏前結婚式でした
2008年1月15日更新
マリンバコンサート イン 但馬
2006年10月31日更新
ダライラマ14世
2006年6月11日更新
源門寺妙見堂
2006年1月1日更新
梅原猛先生
2005年5月3日更新
落慶法要のご案内
2005年5月3日更新
鐘楼堂
2005年5月3日更新
妙見登山大会 出発式
2005年5月2日更新
修繕状況
2005年1月17日更新
阪神淡路大震災 追悼法要
2005年1月17日更新
追悼法会
2004年12月11日更新
奉仕作業とお焚きあげ
2004年10月20日更新
台風23号
2004年9月11日更新
不時着
2004年8月19日更新
平成16年8月19日
2004年8月1日更新
但馬故事記の偽りを検証
2004年7月18日更新
絵本ができました。
2004年6月18日更新
仏像展
2004年4月14日更新
生かせいのち
2003年9月15日更新
大社とのご縁!!
2003年7月3日更新
CD わが心のご詠歌
2003年1月21日更新
年賀状!
2003年1月5日更新
ご利益求めて
2002年11月26日更新
金のじゅうたん
2002年10月29日更新
平成14年10月29日・・お客様!
  • 日本の塔姿
  • 境内散策
  • 高野山

今日の出来事

名草神社奉賛会について
養父市広報と共に、名草神社奉賛会として寄付の振込用紙が配布されました。   養父市教育委員会の文化財担当者が作った文章は、当ホームページや当院の主張を逆手にとった卑劣なやり方を繰り返し...

マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
平成21年8月7日 日光院においてマリンバコンサートが開催されました。
沢山の方にお越しいただき有難うございました!   マリンバ演奏:チキTchiki デュオDuo   ♪チキ・デュオは、スイス・ローザンヌ在住の ...

追悼 桑原兼子さま
平成14年10月29日、上品なご婦人が日光院にお参り下さいました。 日光院のホームページを開設し、一番初めの「今日の出来事」にさせて頂きました方です。 その後も年賀状を毎年交換させ...

伊藤公朗、美郷氏によるインド音楽コンサート
平成20年10月5日
平成20年10月5日、日光院妙見閣においてインド音楽コンサートが行われました。 二人の素晴らしいコンビネーションと、聞き入っている観客の気持ちのコラボレーション と言いましょうか...

ルーツの旅・遠路はるばる・・・
石原の地を離れて、約70年、お墓参りのためにご参拝されました。 お子様は3人、東京~名古屋にお住まいで、日光院にお参りされる のも、本当に久しぶりの事でした。もちろん、私もお会...

島根県立古代出雲歴史博物館
先日、日光院主催の出雲大社特別正式参拝を行いました。 60年に一度の貴重な機会でした。お蔭様で、無事、国宝の本殿にお参りさせていただきました。   出雲大社さま...

魂のつながり
今から約25年位前、原信夫とシャープスアンドフラッツのサックス奏者の 前川元さんとのささやかなお付き合いがありました。   それは、魂のお付き合いといいましょう...

仏前結婚式でした
平成20年3月23日
日光院 本堂において、厳かに仏前結婚式が行われました。 住職との記念撮影から始まりました。 このお二人は、実は日光院の大切なスタッフであり家族です。 ...

マリンバコンサート イン 但馬
第一線で活躍しているマリンバ奏者プロ5人による 素晴らしいマリンバコンサートが豊岡でありました。 生演奏はテレビやCDとは全く異なり、空気が振動し その響きを全身で...

ダライラマ14世
平成18年10月31日
ダライラマ14世 於:新高輪プリンスホテル・国際会館パミール    今回の講演会を企画していただきました関係各位に心より御礼申し上げます。      ...

源門寺妙見堂
平成18年6月11日
...

梅原猛先生
長最も尊敬している人の一人、梅原猛先生です。 朝日新聞のとある記事に、今の日本が取り戻さなければいけない大切な事が書かれていました。 この記事を読んで、心が震えると同時に、人として...

落慶法要のご案内
夏の妙見まつり 鐘楼堂修繕・休憩堂落慶記念法要のご案内
長年の私達の望みでありました鐘楼堂の修繕が無魔成満しました。 つきましては、落慶法要を妙見大菩薩のご縁日である、「夏の妙見まつり」当日に開催する事になりました。 以下の予定で行いたいと...

鐘楼堂
修繕前の鐘楼堂です。大きく傾いていました。 修繕後の鐘楼堂です。殆どの部材をそのまま活かしました。   ...

妙見登山大会 出発式
平成17年5月3日
養父市主催の妙見登山大会の出発式が日光院境内にて行われました。   梅谷市長をはじめ、吉井議長さんもご挨拶されました。 なんと、最高齢者は85歳、最年少は5歳だったそうです。 ...


阪神淡路大震災 追悼法要
平成17年1月17日
阪神淡路大震災 10年 「1.17希望の灯り」 平成7年1月17日午前5時46分、あの大震災が起こりました。 その震災によって6566人の尊い命が奪われました。  今年はあの震災から10年目を迎えま...

追悼法会
new 神戸新聞に掲載していただきました。 平成17年1月17日午前5時46分   みぞれの降るさむい朝となりました。日光院の鐘を合図に、阪神淡路大震災物故者、 ならびに、台風23号物...

奉仕作業とお焚きあげ
平成16年12月11日
台風23号の土砂掃除の奉仕作業が行われました。     薬師堂周辺に堆積していた約60センチの土砂がきれいに撤去されました。   泥も、丁寧に手作業で集められ、全て撤去...

台風23号
平成16年10月20日
未曾有の規模の台風が日本列島を縦断しました。 兵庫県北部(但馬)における過去の災害白書を調べてみますと 直撃するより、大阪上陸の時に大きな被害をもたらしているとの事でした。 今回、10月20日に岸...

不時着
平成16年9月11日
全国に、養父市妙見山の名前が響きわたりました。 なんと、日光院の妙見山にセスナが不時着しました。 幸い、パイロットをはじめ乗務員は無事でした。 捜索のヘリと取材のヘリが妙見の桜谷から大ナルの...

平成16年8月19日
平成16年8月19日
今日は、日光院に伝わる伝説が、神戸新聞に取り上げられました。 日光院の正しい歴史をいつも正しく伝えてくださる神戸新聞社には大変感謝しています。 この伝説は先にご紹介しました絵本になっております...

但馬故事記の偽りを検証
大変興味深い本を見つけました。 そうです。あの「歴史読本」の別冊として、以下の書籍が発売されました。 第2章に、その記事は特集されていました!   ...

絵本ができました。
平成16年7月18日
妙見まつりにあわせて、日光院にまつわる昔話を 中川博雄さんの紙芝居をお借りして、ついに絵本が完成しました。   中川博雄:ボランティア紙芝居の活動を通して ...

仏像展
平成16年6月18日
妙見さんの信者さんであり、信心深い中島藤吉氏の信心の結晶とも言うべき  仏像彫刻の展覧会を日光院信徒会館に於いて開催致します。         ...

生かせいのち
平成16年4月14日
作成中 平成16年4月13日、14日 高野山真言宗 兵庫宗務支所主催の檀信徒特別伝道大会が行なわれました。 以下、パンフレットより

大社とのご縁!!
平成15年9月15日
 9月15日、急に思い立ち出雲へ旅立ちました。 先ずは、「大社の史話」で三重塔と日光院の歴史について解説して下さっていた 斉藤至氏の自宅を訪れました。今年の5月15日、出雲大社の大祭の中日に 86...

CD わが心のご詠歌
平成15年7月3日
 神戸新聞に、日光院の宝物を一つ掲載していただきました。 私の母(森田悦子)が、日ごろ心の支えとして また、お大師様の御教えを実践するために精進してきました 金剛流御詠歌のCDを作成し...

年賀状!
平成15年1月21日
14年10月29日に当院にお参りされました大社町出身のK.Kさまより、 年賀状を頂きました。あまりに素晴らしい年賀状なので、 今回ホームページで公開させて頂きました。 皆さんも、きっと勇気をあたえられ...

ご利益求めて
平成15年1月5日
新年1月5日の神戸新聞「ふるさと紀行」に但馬妙見日光院の記事が 掲載されました。但馬妙見信仰について、正確にご理解されており 連綿と続く妙見さんの信仰を現代に伝える良い機会を得ることが出来ました...

金のじゅうたん
平成14年11月26日
  神戸新聞に日光院の大銀杏が掲載されました。毎年この時期に新聞の片隅を彩る 黄色いじゅうたんを今年も見る事が出来ました事は本当に有難いことでした。     

平成14年10月29日・・お客様!
平成14年10月29日
 今日は思わぬ方の参拝がありました。どうやら出雲出身の方で、今は東京にお住まいのお方で、 東京からわざわざ参拝にお越しになったそうです。  そのお方は、『妙見山日光院のご住職のおぼしめしで...