星に願いをかけるお寺 開運 厄除け

高野山真言宗 但馬妙見 日光院

霊験あらたかな妙見大菩薩の一大霊場 但馬七福弁才天 招福弁天 山名宗全祈願所「杉と星のお寺」

2013年4月16日更新
名草神社奉賛会について
2009年8月7日更新
マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
2009年1月1日更新
追悼 桑原兼子さま
2008年10月5日更新
伊藤公朗、美郷氏によるインド音楽コンサート
2008年7月1日更新
ルーツの旅・遠路はるばる・・・
2008年7月1日更新
島根県立古代出雲歴史博物館
2008年4月1日更新
魂のつながり
2008年3月23日更新
仏前結婚式でした
2008年1月15日更新
マリンバコンサート イン 但馬
2006年10月31日更新
ダライラマ14世
2006年6月11日更新
源門寺妙見堂
2006年1月1日更新
梅原猛先生
2005年5月3日更新
落慶法要のご案内
2005年5月3日更新
鐘楼堂
2005年5月3日更新
妙見登山大会 出発式
2005年5月2日更新
修繕状況
2005年1月17日更新
阪神淡路大震災 追悼法要
2005年1月17日更新
追悼法会
2004年12月11日更新
奉仕作業とお焚きあげ
2004年10月20日更新
台風23号
2004年9月11日更新
不時着
2004年8月19日更新
平成16年8月19日
2004年8月1日更新
但馬故事記の偽りを検証
2004年7月18日更新
絵本ができました。
2004年6月18日更新
仏像展
2004年4月14日更新
生かせいのち
2003年9月15日更新
大社とのご縁!!
2003年7月3日更新
CD わが心のご詠歌
2003年1月21日更新
年賀状!
2003年1月5日更新
ご利益求めて
2002年11月26日更新
金のじゅうたん
2002年10月29日更新
平成14年10月29日・・お客様!
  • 日本の塔姿
  • 境内散策
  • 高野山

梅原猛先生


長最も尊敬している人の一人、梅原猛先生です。

朝日新聞のとある記事に、今の日本が取り戻さなければいけない大切な事が書かれていました。
この記事を読んで、心が震えると同時に、人として進むべき方向を又一つ教えられました。

以下、記事を転載させていただきます。


 「反時代的密語」
神は二度死んだ
梅原 猛
朝日新聞 2004年5月18日

 

二ーチエは、西洋の近代を神の死の時代と考えた。「神は死んだ。いや人間が神を殺したのだ」とニーチェはいった。ドストエフスキーもニーチェと同じような思想をもち、西洋の道徳がキリスト教を土台にしていたとすれば、神の死すなわち宗教の否定は道徳の否定になると考えた。そのような宗教と道徳を否定した人間の例が、彼の小説『罪と罰』における何の理由もなく老婆を殺害したラスコリニコフであり、『カラマーゾフの兄弟』における間接的に父フョードルを殺害したイワンである。ドストエフスキーは彼らのような神なき人間に満足せず、『カラマーゾフの兄弟』において天使の如き無垢な宗教性の所有者、アリョーシャの活躍を書く予定をしていたのに、それが書けずに死んだ。私は、これは偶然ではなく必然であると思う。神なき時代の人間の不幸は書けても、神を取り戻した人間の至福は近代人ドストエフスキーには書けなかったであろう。

 

  最近日本でも、動機が金銭の強奪や嫉妬、怨恨ではなく、殺人のための殺人というべきものが起こっている。私は若き日、ニーチェやドストエフスキーのこの思想に深く影響されたが、日本における神殺しについては何らの認識ももっていなかった。しかし日本のことを研究すること五十年にして、最近やっと日本における神殺しの実態を理解することができるようになった。近代日本において神殺しは二度にわたって行われた。近代日本が最初にとった宗教政策、廃仏殿釈が一度目の神殺しであった。それは、仏教が明治維新という大事業を行うために何の役にも立てず、国学者及び水戸学者が唱えた尊皇嬢夷思想が倒幕のイデオロギーになり、彼らが明治政府の中心部に入ったことによって起こった。そこで殺されたのは仏ばかりではない。神もまた殺されたのである。外来の仏と土着の神を共存させたのは主として修験道であるが、この修験道が廃仏殿釈によって禁止され、何万といた修験者が職を失った。この従来の日本を支配した神仏を完全に否定することは、近代日本をつくるために必要欠くべからざることと思われたからであけいもうる。福沢諭吉のような啓蒙思想家などもこの神々の殺害を手助けしていたことは否定できない。

 

  そして明治政府はこのように伝統的な神仏をすべて殺した後にただ一種の神々のみを残し、その神々への強い信仰を強要した。それは天皇という理人神と、アマテラスオオミカミをはじめとする現入神のご祖先に対する信仰であった。主として薩長によってつくられた明治政府が天皇を神としなければならなかったのは、一つには、先祖が神君として日光東照宮に祀られる徳川氏を倒すためには神君以上の神が必要であったからであろうが、もう一つには、そのような現入神という中心点をつくることによって、後進国日本が国民の全エネルギーを結集して一日も早く欧米諸国に追いつくためでもあった。

 

  この現入神への信仰にもとづいて作られたのが、教育勅語という新しい道徳であった。教育勅語を起草したのは水戸学者、元田永孚であるが、教育勅語にはかつての仏教や神道の道徳はほとんど含まれず、現入神への信仰のもとに、儒教道徳に近代道徳を加えたものが羅列されたにすぎない。このような道徳のもとに日本は西洋諸国に追いつき、その挙げ句、アメリカ、イギリスという世界の強国に対してあえて戦争を仕掛け、手痛い敗戦を経験した。この敗戦によって新しい神道も否定された。現入神そのものが、実は自分は神ではなく人間であると宣言されたことによって、この神も死んだ。三島由紀夫はこの神の死を嘆き、身をもってその神に殉ずるという悲惨で滑稽な劇で彼の人生の幕を下ろした。三島が第二の神の死のみではなく第一の神の死にも目を向けてくれていたならば、彼はドストエフスキー並みの作家になれたかもしれないと惜しまれる。

 

  このように考えると、日本は西洋よりもっと徹底的に神仏の殺害を行ったことになる。この神仏の殺害の報いは今徐々に表れているが、以後百年、二百年経つと決定的になるであろう。道徳を失っているのは動機なき殺人を行う青少年のみではない。政治家も官僚も学者も芸術家も宗教心をさらさらもたず、道徳すらほとんど失いかけているのである。政治家や官僚が恥ずべき犯罪を行い、学
者、芸術家も日々荒廃していく世の動きに何らの批判も行わず、唯々諾々とその時代の流れの中に身を任せているのは道徳の崩壊といわねばなるまい。最近、そのような道徳の崩壊を憂えて、日本の伝統である教育勅語に帰れという声が高まっている。しかし教育勅語はあの第一の神の殺害の後に作られたもので、伝統精神の上ではなくむしろ伝統の破壊の精神の上に立っている。私は、
小泉八雲が口をきわめて礼讃した日本人の精神の美しさを取り戻すには、第一の神の殺害以前の日本人の道徳を取り戻さねばならないと思う。(哲学者、題字も)