星に願いをかけるお寺 開運 厄除け

高野山真言宗 但馬妙見 日光院

霊験あらたかな妙見大菩薩の一大霊場 但馬七福弁才天 招福弁天 山名宗全祈願所「杉と星のお寺」

2013年4月16日更新
名草神社奉賛会について
2009年8月7日更新
マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
2009年1月1日更新
追悼 桑原兼子さま
2008年10月5日更新
伊藤公朗、美郷氏によるインド音楽コンサート
2008年7月1日更新
ルーツの旅・遠路はるばる・・・
2008年7月1日更新
島根県立古代出雲歴史博物館
2008年4月1日更新
魂のつながり
2008年3月23日更新
仏前結婚式でした
2008年1月15日更新
マリンバコンサート イン 但馬
2006年10月31日更新
ダライラマ14世
2006年6月11日更新
源門寺妙見堂
2006年1月1日更新
梅原猛先生
2005年5月3日更新
落慶法要のご案内
2005年5月3日更新
鐘楼堂
2005年5月3日更新
妙見登山大会 出発式
2005年5月2日更新
修繕状況
2005年1月17日更新
阪神淡路大震災 追悼法要
2005年1月17日更新
追悼法会
2004年12月11日更新
奉仕作業とお焚きあげ
2004年10月20日更新
台風23号
2004年9月11日更新
不時着
2004年8月19日更新
平成16年8月19日
2004年8月1日更新
但馬故事記の偽りを検証
2004年7月18日更新
絵本ができました。
2004年6月18日更新
仏像展
2004年4月14日更新
生かせいのち
2003年9月15日更新
大社とのご縁!!
2003年7月3日更新
CD わが心のご詠歌
2003年1月21日更新
年賀状!
2003年1月5日更新
ご利益求めて
2002年11月26日更新
金のじゅうたん
2002年10月29日更新
平成14年10月29日・・お客様!
  • 日本の塔姿
  • 境内散策
  • 高野山

台風23号

平成16年10月20日
未曾有の規模の台風が日本列島を縦断しました。
兵庫県北部(但馬)における過去の災害白書を調べてみますと
直撃するより、大阪上陸の時に大きな被害をもたらしているとの事でした。
今回、10月20日に岸和田に上陸した台風23号によって大量の雨が降りました。
午後3時頃には、大量の雨水が日光院勝手口から境内に流れ込み、床下浸水の
危険が迫りましたが、消防の方々の素早い対応によって、土嚢が積まれ
危機一髪で浸水を免れました。しかし、西側の裏山の谷水が鉄砲水となり、
一気に境内に流れ込みました。流れ込んだ水は、濁流となり正面石段から
滝のようにながれ、村の中に濁流となり、恐ろしい勢いで流れていきました。

 

正面階段は、濁流の滝と化していました。


資料館前の道です。とても歩けません。

「道」ではなく、「川」そのものでした。


一晩中、懐中電灯を手に、お堂の裏を点検して廻りました。
午後8時頃だったでしょうか、「ゴロゴロ、ガラガラ!!」と地響きと共に
杉の木が根元からグラグラと揺れるのを見ました。余りに不気味な気配に
一度は庫裏に引き上げました。しばらくしてから、再び確認しますと、杉の木が
お堂に向かって沢山倒れており、山崩れがあったことを確信しましたが、
どれほどの規模かは分からず、お堂に直接被害が無かったため、それ以上は
調べませんでした。翌朝の光景を目の当たりにして、愕然としました。
境内は、朝の時点で約15センチの池となっていました。
 
 
薬師堂裏は川になっていました。大きな杉の木が薬師堂に向かって倒れていました。
 
地蔵堂の屋根に一本の杉の木が倒れ、瓦の一部を壊していました。

地蔵堂の屋根越しの風景が、いつもと全く違うのです。
  
高さ約200メートル、幅約30メートル位でしょうか。
山頂から崩れ落ち、お堂の裏約10メートルの位置で奇跡的にも止まっていたのです。


奇跡的ではありますが、実は奇跡ではありません。
本尊様のご加護によるものなのです。
南無妙見大菩薩、南無薬師如来、南無地蔵菩薩  合掌。

そして、通勤です。椿色の県道が流され、通行止めになっていました。
迂回路も無いため、歩道を通ることで、何とか通勤できました。
 

この被害状況は、但馬の中では随分小さいものでした。

豊岡市、日高町の皆さんは、多くの方が床上浸水、車も水没、
また、八鹿町でも、宿南地区の多くが浸水しました。

大変悲しいことですが、尊い人命も失われたとの事。ご冥福を祈ると共に、
一日も早い復旧と、心の安らぎが一刻も早く訪れることをお祈りいたします