星に願いをかけるお寺 開運 厄除け

高野山真言宗 但馬妙見 日光院

霊験あらたかな妙見大菩薩の一大霊場 但馬七福弁才天 招福弁天 山名宗全祈願所「杉と星のお寺」

2013年4月16日更新
名草神社奉賛会について
2009年8月7日更新
マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
2009年1月1日更新
追悼 桑原兼子さま
2008年10月5日更新
伊藤公朗、美郷氏によるインド音楽コンサート
2008年7月1日更新
ルーツの旅・遠路はるばる・・・
2008年7月1日更新
島根県立古代出雲歴史博物館
2008年4月1日更新
魂のつながり
2008年3月23日更新
仏前結婚式でした
2008年1月15日更新
マリンバコンサート イン 但馬
2006年10月31日更新
ダライラマ14世
2006年6月11日更新
源門寺妙見堂
2006年1月1日更新
梅原猛先生
2005年5月3日更新
落慶法要のご案内
2005年5月3日更新
鐘楼堂
2005年5月3日更新
妙見登山大会 出発式
2005年5月2日更新
修繕状況
2005年1月17日更新
阪神淡路大震災 追悼法要
2005年1月17日更新
追悼法会
2004年12月11日更新
奉仕作業とお焚きあげ
2004年10月20日更新
台風23号
2004年9月11日更新
不時着
2004年8月19日更新
平成16年8月19日
2004年8月1日更新
但馬故事記の偽りを検証
2004年7月18日更新
絵本ができました。
2004年6月18日更新
仏像展
2004年4月14日更新
生かせいのち
2003年9月15日更新
大社とのご縁!!
2003年7月3日更新
CD わが心のご詠歌
2003年1月21日更新
年賀状!
2003年1月5日更新
ご利益求めて
2002年11月26日更新
金のじゅうたん
2002年10月29日更新
平成14年10月29日・・お客様!
  • 日本の塔姿
  • 境内散策
  • 高野山

島根県立古代出雲歴史博物館

但馬妙見 日光院 HOME > 今日の出来事 > 島根県立古代出雲歴史博物館


先日、日光院主催の出雲大社特別正式参拝を行いました。

60年に一度の貴重な機会でした。お蔭様で、無事、国宝の本殿にお参りさせていただきました。
 
出雲大社さまにすぐ隣接し、古代出雲歴史博物館が2007年3月にオープンしました。

古代から現代に至るまでの出雲の歴史が極めて詳細に、
そして魅力的に展示された素晴らしい博物館です。

 
さて、出雲大社と日光院の関係ですが、ご存知の通り、杉をお譲りしたご縁で三重塔を頂きました。
その事に関する展示があったのですが、まことに残念なことに、旧八鹿町時代からの歴史捏造の
悪影響が、遠く離れた出雲の歴史博物館にまで影響を与えておりました。
 
今回の参拝に参加された方から、「誤った展示があった」との報告をうけ、私個人に大社さまに
参拝させていただき、その足で歴史博物館をたずね、指摘された説明を確認しました。
 
 
妙見三重塔の一部部材が展示されており
そこに書かれていた説明文は・・・
 
 

「但馬国(兵庫県)妙見山より杉を譲り受け・・・云々」

 
とかかれ、
 
「但馬妙見 名草神社より部材の一部を・・」
 
となっておりました。旧八鹿町の歴史すり替え理論がここでも強く反映されていました。
 
くどいようですが、妙見山という表現では、あたかも山を示しているように誤解され、
だれも日光院とは気づかないと思われます。
 
そして、但馬妙見とは日光院の事であり、名草神社ではない事はいうまでもありません。
 
 
つまり、正確には、
 
「但馬国(兵庫県)妙見山日光院より杉を譲り受け・・・云々」
 
となり、
 
但馬妙見=日光院のことであるため、削除していただき、

「現所有者 名草神社より部材の一部を・・」

 
ということになります。
 
 
 
直ちに、学芸員の方に連絡をとって頂き、誤解のないよう訂正して頂きたく
上記内容につき申し入れをさせていただきました。
 
担当の学芸員の方は、きわめて冷静に私の意見に耳を傾けて下さり、
旧八鹿町の情報は無視していただき、寛文御造営日記の再検討を依頼、
そこに書かれていることを、何も加えず、何も削除せず、
正しい表現をして頂きたいということをお願いして帰りました。
 
 
あれから2週間、本日歴史博物館からご連絡いただきました。
 
さすがです。
 
正しい歴史を正しく伝えるためには、これほど大きな組織であり、展示内容に関しては
ごく僅かなことでありながら、迅速に対応してくださり、上記の正しい表現にされるとの事でした。
 
 
 
古代出雲歴史博物館に感謝!
 
お導き頂いた出雲大社様に感謝!
 
そしてお力を下さった妙見大菩薩様に感謝!