星に願いをかけるお寺 開運 厄除け

高野山真言宗 但馬妙見 日光院

霊験あらたかな妙見大菩薩の一大霊場 但馬七福弁才天 招福弁天 山名宗全祈願所「杉と星のお寺」

2013年4月16日更新
名草神社奉賛会について
2009年8月7日更新
マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
2009年1月1日更新
追悼 桑原兼子さま
2008年10月5日更新
伊藤公朗、美郷氏によるインド音楽コンサート
2008年7月1日更新
ルーツの旅・遠路はるばる・・・
2008年7月1日更新
島根県立古代出雲歴史博物館
2008年4月1日更新
魂のつながり
2008年3月23日更新
仏前結婚式でした
2008年1月15日更新
マリンバコンサート イン 但馬
2006年10月31日更新
ダライラマ14世
2006年6月11日更新
源門寺妙見堂
2006年1月1日更新
梅原猛先生
2005年5月3日更新
落慶法要のご案内
2005年5月3日更新
鐘楼堂
2005年5月3日更新
妙見登山大会 出発式
2005年5月2日更新
修繕状況
2005年1月17日更新
阪神淡路大震災 追悼法要
2005年1月17日更新
追悼法会
2004年12月11日更新
奉仕作業とお焚きあげ
2004年10月20日更新
台風23号
2004年9月11日更新
不時着
2004年8月19日更新
平成16年8月19日
2004年8月1日更新
但馬故事記の偽りを検証
2004年7月18日更新
絵本ができました。
2004年6月18日更新
仏像展
2004年4月14日更新
生かせいのち
2003年9月15日更新
大社とのご縁!!
2003年7月3日更新
CD わが心のご詠歌
2003年1月21日更新
年賀状!
2003年1月5日更新
ご利益求めて
2002年11月26日更新
金のじゅうたん
2002年10月29日更新
平成14年10月29日・・お客様!
  • 日本の塔姿
  • 境内散策
  • 高野山

マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは

但馬妙見 日光院 HOME > 今日の出来事 > マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
平成21年8月7日 日光院においてマリンバコンサートが開催されました。


沢山の方にお越しいただき有難うございました!

 

マリンバ演奏:チキTchiki デュオDuo
 

♪チキ・デュオは、スイス・ローザンヌ在住の
Jacques(ジャック)とNicolas(ニコラス)のデュオ。

 

 現在、国際的はキャリアを積んでいる彼らが、2008年に養父市
にある日光院を訪れた際に、非常に感動し、今回、お寺にてコンサートを行いました。
その時の強い印象から作曲した「FUDO(不動)」も、映像で披露されました。

 
 
彼らの友人と合わせて5人の演奏です。
 
約80人の来場で熱気でエアコン全開
 
二人の演奏に皆聞き入っていました。
 
約50分ほど演奏して頂いたあと、しばし休憩。
 
彼女らの演奏も素晴らしかったです。
子供たちも沢山来ていたので急遽お願いしたにも関わらず、
とっても楽しそうにジブリの「おさんぽ」を演奏してくれました。
 
最後は4人の演奏でしたが、あまりの感動に、写真を撮るのを忘れました・・・・
 
本当にすばらしい時間を頂き有難うございました。
 
次回も開催してほしい、感動した、との多くの声を頂き、できればまた企画したいと思います。
 
 
感謝!
 
 
2007年来日時のコンサート
 
 
 
http://www.tchikiduo.com/
http://www.myspace.com/tchikiduo
 
 
『不動』(2008年5月)を作曲するにあたり
 
 2007年、チキデュオは、パーカッション(打楽器)の新しいコンサートプログラムを創作
しはじめました。新しいプログラムのアイデアは、マリンバや打楽器のための音楽や
アレンジされた曲と共にチキデュオ自身のストーリーを伝えることでした。
 
 プログラムの始めには、チキデュオが出会った当時のことと学んだことを、第2番目の部
分では、より深く音楽を学ぶ励みとなる3番目の打楽器奏者に出会ったことをプログラムに
載せました。
 
 第2番目の終わりには、新しく作曲した三重奏の曲を用意しました。それは、現存する曲
のなかに私たちが演奏したいと思うような作品がなかったからです。お互いの目で合図をし
ないで、高い次元のエネルギーを心だけで奏でたかったのです。この点に重点を置き、楽器
を選びました。(二人で共有する大太鼓、ドゥンドゥンと呼ばれる3つのアフリカンドラム
を一列に並べて配置。)
 
 この曲を書こうとしたのが、2007年の年末でしたが、そのとき、そのエネルギーを持つこ
とができませんでした。幸運にも、2008年1月に日本を初めて訪れる機会をマリンバを通し
て出会った友人から得ることができました。日本での滞在時に、八鹿にある日光院を訪れる
チャンスをいただき、暖かい歓迎を受けました。その体験にとても感動し、副住職より、護
摩を経験させて頂き、「不動」について学び、感じたことで、自然な人間の行動となって、
魂のなかに、どのように作曲するかアイデアが浮かびました。
 
 私たちがたくさんの素晴らしい日本の思い出と共にスイスに帰ったとき、私は、まだ心
に「不動」に対する特別な強い思いがあるのを感じていました。この強いエネルギーが衝動
となって、私にこの「不動」の作品を書かせました。
そして、タイトルは、自然と「Fudo(不動)」と名づけることにしました。
 
 最後に、日光院の皆さん、打楽器の友人アレックス、日本のマリンバの友人3名に感謝の
意を表したいと思います。
             
   チキデュオ (ニコラス・ジャクエス)