星に願いをかけるお寺 開運 厄除け

高野山真言宗 但馬妙見 日光院

霊験あらたかな妙見大菩薩の一大霊場 但馬七福弁才天 招福弁天 山名宗全祈願所「杉と星のお寺」

2013年4月16日更新
名草神社奉賛会について
2009年8月7日更新
マリンバコンサート・・・スイスからこんにちは
2009年1月1日更新
追悼 桑原兼子さま
2008年10月5日更新
伊藤公朗、美郷氏によるインド音楽コンサート
2008年7月1日更新
ルーツの旅・遠路はるばる・・・
2008年7月1日更新
島根県立古代出雲歴史博物館
2008年4月1日更新
魂のつながり
2008年3月23日更新
仏前結婚式でした
2008年1月15日更新
マリンバコンサート イン 但馬
2006年10月31日更新
ダライラマ14世
2006年6月11日更新
源門寺妙見堂
2006年1月1日更新
梅原猛先生
2005年5月3日更新
落慶法要のご案内
2005年5月3日更新
鐘楼堂
2005年5月3日更新
妙見登山大会 出発式
2005年5月2日更新
修繕状況
2005年1月17日更新
阪神淡路大震災 追悼法要
2005年1月17日更新
追悼法会
2004年12月11日更新
奉仕作業とお焚きあげ
2004年10月20日更新
台風23号
2004年9月11日更新
不時着
2004年8月19日更新
平成16年8月19日
2004年8月1日更新
但馬故事記の偽りを検証
2004年7月18日更新
絵本ができました。
2004年6月18日更新
仏像展
2004年4月14日更新
生かせいのち
2003年9月15日更新
大社とのご縁!!
2003年7月3日更新
CD わが心のご詠歌
2003年1月21日更新
年賀状!
2003年1月5日更新
ご利益求めて
2002年11月26日更新
金のじゅうたん
2002年10月29日更新
平成14年10月29日・・お客様!
  • 日本の塔姿
  • 境内散策
  • 高野山

大社とのご縁!!

但馬妙見 日光院 HOME > 今日の出来事 > 大社とのご縁!!
平成15年9月15日
 9月15日、急に思い立ち出雲へ旅立ちました。

先ずは、「大社の史話」で三重塔と日光院の歴史について解説して下さっていた
斉藤至氏の自宅を訪れました。今年の5月15日、出雲大社の大祭の中日に
86歳の天寿を全うし大往生されましたご霊前に、お礼のお言葉をお伝えしました。

「三重塔由来記」として、八鹿町の文化財に指定されている矢田氏の書簡を
実際に見ていただきたく、持参していたところ、至氏のご子息であられる
廣明氏にお会いする事ができ(現在の「大社の史話」の事務局)見て頂く事ができました。

大変、ご多忙な廣明氏にお会いできるとは、これひとえに
ご尊父さまである至氏のお導きであったと、大変感謝しました。
そして、この書簡をお送りくださった矢田氏と斉藤家は
親戚関係にあることもお伺いし、さらにご縁を感じました。


大社町や出雲大社さまとの関係も深く、「大社の史話」で取り上げられている
歴史の検証なども、随時していらっしゃるとの事で、誤った歴史に対しては、
「大社の史話」の中で取り上げて、検証し、訂正しておられると伺い、現在三重塔が、
出雲大社から名草神社に移されたと、意図的に歴史をねつ造している事に対して
大変心強いお話を頂きました。ねつ造された資料をお送りする約束をしました。


また、今回の正式参拝がどれだけ有難いことかも、斉藤氏より伺いました。
斉藤廣明氏も、長年出雲大社のそばに住んでいらっしゃいますが
正式参拝は、1度だけであると伺い、今回のツアーで参拝させて頂ける事が
特別な事であり、大変有難い事だと実感いたしました。

「それはVIP待遇ですよ!」の一言に、気持ちが引き締まり、正しい歴史を伝えるべく
妙見大菩薩さま、ご先祖さま、大国主命様のお導きに他ならないことを強く感じました。

斉藤氏のご配慮により、出雲大社に連絡をお取りいただき、
出雲大社に向かいました。有難いことに、権宮司であられる千家氏にお会いさせて
頂く機会を得ました。敬老の日でもあり、大変ご多忙の中、まずお会いする事は
出来ないと思っていましたところ、お会いさせて頂き、大変光栄でした。
これも大国主命さまのお導きにより、ご縁を頂いたものと感謝しました。


なんと、出雲大社を代々お守りしていらっしゃる千家氏からは、
今から40年位前に山陰線を乗り継いで、日光院で一泊した事があるとの事でした。
その事実を知った時、「340年前からのご縁が、知らない間に脈々と続いていたのだ」
と大変、感激しました。


また特別な取計らいで、なんと正式参拝もさせて頂きました。

「やはらぐる 光や空にみちぬらん 雲に分け入 千木のかたそぎ」

と寂蓮法師が詠まれたように、圧倒的な存在感でした。

「何事のおはしますかを知らねども かたじけなさになみだこぼるる」

と西行法師の詠まれたごとく、本殿の御前にて玉ぐしを捧げたときには
あまりの有難さに、本当に涙がでそうなほど感激しました。

その後、宝物館もご案内いただき、三重塔が日光院に移されたことが
はっきりと書かれており、事実をありのままに伝えておられる事に感謝しました。

様々なご縁で、大変有意義な一日を過ごさせて頂きました。合掌。